ブログ|仙台市太白区で歯科・歯医者をお探しの方はきしかわデンタルオフィスまで

5-D Japan アドバンス年間コースが始まりました

2018年04月11日(水)

最近忙しくなかなかブログの更新が出来ない状態が続いて楽しみにしている方がいるとは思わないのですが、申し訳ございません

 

 

先週の土曜日、日曜日にお休みを頂き東京で年間通しての勉強が始まりました。

 

懇談会。私だけカメラ目線です

 

 

 

昨年は5-D Japan インプラント・ぺリオコースを受講して基礎から大学で勉強したこととの違いに驚いたことを思い出します。

 

 

 

 

 

医療は特に知ってるか、知らないかで大きく治療方針が変わってきます。

 

 

 

 

 

今回のアドバンスコースは3年待ちのセミナーですが、初回から凄い講演でした。

 

 

 

 

 

日本の歯科治療の再治療率の高さ、質の低さから、「治しているんじゃない、別の病気を作っているだけ」と始まりラバーダムしない医者は治療するべきでない、マイクロスコープは必須の道具だと仰られていました。

 

 

 

 

 

、、、、、マイクロスコープは全国の歯科医院で5~7%ぐらいしか普及してない。。。。

 

 

 

 

 

私も根の治療にはマストのアイテムだと思いますが、保険診療で日常的に使用すると、半年後には閉院していると思います。

 

 

 

 

 

それ程に”視えてしまう”道具です。使用すると必ず多くの改善点が視えます。その改善点は0.数ミリの世界での話です。

 

 

 

 

 

それをしっかり行うと1日に治療できる人数は6人程度になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

当院では自由診療で対応していますが、時間が多くかかる、海外製品のコストも高いので利益は低いです。それでも長持ちさせたい、満足いく結果を得たいと思うので長時間の予約は確保するようにしています。

 

 

 

 

 

カウンセリングさせて頂き、歯の保存について共感を感じて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

最近は自由診療で歯の保存を望まれる患者さんも多くなり、予約が確保し難い状態が続いて申し訳なく思っています。今後少しずつ改善していくよう努力しますので、ご理解いただければと思います。

 

 

 

 

 

話が逸れましたが、その勉強会で日本最先端の知識・技術を学んできます。 歯のデッサンもありましたが私の絵心なさ過ぎて綺麗に書けません。これも練習あるのみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

何症例かマイクロスコープで視えるケースを紹介したいと思います。

 

 

 

歯の保存しようとして破折していた症例。

 

 

外科も加えて保存しました、経過観察中です。

 

 

 

被せ物を外したら根の中で虫歯が広がっていた状態

 

被せ物外した直後

 

青く染まったところが感染部位。全部真っ青

 

 

歯の厚みを見て可能な範囲で除去。保険治療での限界か、、、、

 

 

 

 

 

 

削らない治療の結果の破折。削らない=長持ちするは歯科医も信じている迷信です。

 

間違いなく歯の状態を考えないと長持ちしません

 

 

破折部分を除去すると詰め物と歯の境目に感染が(黒いところ)

 

接着も全然していない、、、、、、

 

 

 

 

 

破折部の隔壁作成、一応感染部分を染め出すと根の中まで染まる状態。。。。

 

元々感染残っていたのかな、、、ルーペや裸眼では感染の徹底除去は難しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

歯肉の下深くまで進んだ虫歯

 

他院ではずっと経過観察されていた模様

 

 

 

隔壁作って感染染め出し、やっぱり真っ青に染まる

 

 

Cシェイプ、GPで綺麗に詰めるのは至難の技。やっぱりほとんど詰まっていない

 

次回ラバーして治療予定

 

 

 

見た目はそんなに大きくない虫歯

 

 

 

 

 

 

実は中で神経に達するほどの大きさになっている虫歯

 

 

 

もちろん、虫歯を徹底的に除去すると神経は露出する状態

 

 

この状態であればしっかり対応すれば神経を保存することが出来ます。

 

 

神経を抜くと本当に歯の維持が困難になることがあります。このタイミングでしか行うことが出来ない治療ですが、最も価値がある治療と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

最後に前歯の隙間改善

 

 

ダイレクトボンディングなので一切歯は削っていません、歯肉の中に段差も全くありません。

 

歯を残したい、審美を改善したい方はご連絡ください。

 

院長

PAGETOP